法人は更に危険!実例の風評被害

法人の風評被害は怖い?

アナタが働いている会社は風潮被害にあった事はありますか?規模の大小を問わないのであれば、ほとんどの企業が風評被害を受けている可能性があります。
しかも法人向けの風評被害は、人では無く企業を攻撃しているので罪悪感が薄れる傾向にあります。その為、個人のケースよりも拡散力が高くアッと言う間に広がってしまい火消しまでに時間がかかる事もあります。法人への風評被害は売上に直結する可能性もありますので、発覚したらすぐにプロへ依頼して下さい。
過去に風評被害を受けたのだが、放置した結果倒産してしまった企業はいくつもありますし、風評被害を気にしてスタッフが離職してしまう事もあります。企業情報を調べている方が、風評被害を見つけてしまい入職を見送る可能性もあります。

内部告発や個人的な恨み

法人の風評被害の怖い点は、拡散力だけではありません。現時点で社員として働いている方が情報を拡散している可能性もあります。
社員しかわからない様な社外秘の情報を漏らしたり、特定の社員に対する根も葉もないウワサを企業全体として拡散したりするケースもあります。またライバル社が風評被害を拡散するケースと、問題はとても深刻です。
法人の場合、かなりの規模で拡散されるので、根本だけを削除しても意味がありません。定期的にアルゴリズムを変えて検索結果として表示されてしまうのでSEO対策が必要になります。
SEO対策は月額固定、または成功報酬と費用が異なりますので、事前に相談するのがベストです。相場としては20万円程度になりますが、リスクを考えると高い金額ではありません。


Share!
B!

ページTOPへ